大豆イソフラボンと腸内細菌で作られるエクオールの効果

昔から健康に非常に良いと言われている食材が大豆です。豆腐や納豆などを好んで多く食べてきた日本人は、欧米人と比較すると女性の更年期障害の症状が軽いと言われています。また、骨粗鬆症になる割合が欧米人と比べ少ないのも、大豆の摂取によるものだと医学専門誌に取り上げられました。

 

近年ではその大豆が美容にも良いことが分かり、大豆イソフラボンを配合した美容製品やサプリメントに大きな支持が集まっています。その健康にも美容にも良い大豆イソフラボンの働きは、エクオールと呼ばれる成分によるものだと研究結果により判明したのです。
エクオールとは、大豆イソフラボンの1種であるダイゼインが腸内細菌によって変換したものです。このエクオールの効果は非常に高く、骨や血管、脳などの体の重要部分に作用します。そのため、生活習慣病の予防効果を期待できるのです。また、美肌効果があるほか、更年期症状を軽減するため、女性にとって嬉しい効果を実感できます。

 

しかしエクオールには、1つだけ欠点があります。それは全ての人が体内でダイゼインからエクオールを生成できないということです。国や地域によって生成できる人の割合が大きくことなり、欧米では20〜30%の人しか生成できないと言われています。また、日本人ではおよそ50%の人しか生成できないほか、若い世代では生成率が減少するデータが得られています。生成できる人と生成できない人の違いがなぜ生まれるのかは、まだ判明していません。
生成できない方でもエクオールを体内に摂り込む方法が、サプリメントです。エクオールはダイゼインから変換するよりも、サプリメントで摂取した方がより高い効果を期待できると言われています。大豆イソフラボンを摂取しているにも関わらず効果を実感できなかった方は、エクオールが体内で生成されていないことが原因と考えられます。サプリメントを摂取し、健康と美容を手に入れてみてはいかがでしょうか。